コピーライティングが重要な理由

コピーライティングによってあなたは爆発的に売ることができます。

コピーライティングとは
「広告宣伝のための文章を書くこと、またはその技術」
です。

概念的にはそんなもんなのですが、なかなかに奥が深い!!

詐欺的な情報商材が溢れかえっているイメージがありますが、
それでも売れるものは売れているのは
コピーが優れているから
に他ならないでしょう。

特に情報商材は中身が全く分からないので
コピーやレビュー等の情報からしか有益かどうかを
事前に判断することができません。

そうするとコピーが優れているものは当然売れやすくなります。

これは情報商材を扱う上では必須のスキルです。

コピーライティングを学ぶメリットとしては。
・成約率が上がる
 (何でも売れるようになる)
・永遠に使えるスキルが身につく

それぞれご説明しましょう。

成約率が上がる

先に簡単に説明した通りですが、
詐欺的な情報商材でもコピーが優れていれば売れます。

特に詐欺的な情報商材を売って頂きたいわけではなく、
あなたが本当に良いと思っているものの成約率を上げるように
活用して頂きたいという話です。

1000人に対して売り込みをかけて1人に売れていたのが
10人に対して売り込みをかけて1人売れるようになるといったことが
コピーライティングのスキルを身につけることであり得るようになります。

もしあなたが1000人に対して売り込みをかけて1人に売れているという状況下なら
どういった判断をするでしょうか。

選択肢としては二つ。
1.更に多くの人に売り込みをかける
2.今売り込みをかけている人に対して売り込みの方法を変える

私なら後者を選びます。

売り込みの方法を変えるためにも
まずはコピーライティングのスキルが必要です。

永遠に使えるスキルが身につく

ものを売るということがなくならない限り
コピーライティングがなくなることはありません。

何かしらのものが売られている限りにおいては
広告宣伝はなくなりようがないので
コピーライティングもなくならないということになります。

逆に何かのサービスに依存するようなものは
培ったスキルが台無しになるというリスクがあります。

PPCであればYahoo!プローモーションに強く依存することになるので
Yahoo!プローモーションの一声でスキルがゼロリセットすることもあり得る話です。
(googleアドワーズからの排除があったようにです)

集客スキル(サイト構築等)に関しては
スキルがすべて台無しになることはないにしろ、
時代の流れによって絶えずスキルを見直す必要にある状況です。

コピーライティングに関して言うと
数十年前のコピーを少し改変した形で今でも使われることがあります。

それほどまでにも良いコピーは人の心にずっと響き続けるもので、
また、コピーライティングのスキルとしても普遍のものなのではないかと思うのです。

    

閲覧注意:ステップバイステップ型無料メール講座

より実践的な内容をステップバイステップで効率的に 最短ルートで学びたいのであれば無料メール講座の受講を強くお勧めします。

アフィリエイトの仕組みを学びながら
今日から報酬が発生するテキストを無料で手に入れることができます。

私自身、情報商材には300万円以上投資しており
有名起業家とのコネクションもあるため
一般には出回らない過激な情報を多数持ってしまっています。

そうした一般公開不可能な過激情報はブログでは公開できませんので
メール講座でこっそり配信しています。

これまでのあなたの常識を覆してしまうかもしれないので
閲覧は十分に注意してください。

無料メール講座はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

報酬実績

開始二ヶ月目にして10万円突破しました!

2014年10月 こそっと開始
2014年11月 10万円突破
(100,451円)
2014年12月 25万円突破
(256,011円)
2017年現在 80万円以上/月の安定収入継続中

運営:小泉優太


23時以降の帰宅は当たり前。

ほぼ毎日終電で帰り、
時には徹夜し、休日出勤する
サラリーマンでありながら
ネットビジネスコンサルタントでもある。

働き続けると
心と体を壊しそうなので
いざというときに備えようという理由から
ネットビジネスをスタート。

クライアントが抱える問題が何かを
徹底的に追求する正攻法に
コピーライティングの要素を
取り入れていくことで
開始2ヶ月目にして
十万円を突破。

月十万円は安定して稼げるようになり
報酬は今も伸び続けている。

クライアントの問題解決をすると共に
今や会社や国に依存しない
生き方を実現しつつある。

詳しいプロフィール

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

アーカイブ

このページの先頭へ