何を書けばよいかわからないはずがない – ターゲットを定めて感情を捉える

「何を書けばよいかわからない!」
というのが超初心者がよく口にする言葉です。

ちょっと待ってください。

「何を書けばよいかわからない!」
と言っているのは
恋人に対して
「何を話せばよいのかわからない」
と言っているのと同じレベルですよ。

(恋人に対してだったら、そんな時期もあるのかもしれませんが)

そもそも誰に対してメッセージを配信しようとしているか
考えられているのでしょうか?

よほどの上級者でない限りターゲットを明確にしたほうが良いです。

ターゲットを明確にしたほうがよい理由

ターゲットを明確にしたほうがよい理由は
配信すべきメッセージが思い浮かびやすい
からです。

なんだそれだけかと思うかもしれませんが。
これがとても重要です。

買ってもらうためには
買おうという気持ちにさせる必要があります。

買おうという気持ちにさせるということは
相手の感情を動かすということです。

売るためには
相手の感情を動かすようなメッセージを配信しなくてはなりません。

誰でもそれなりに共感できるようなメッセージよりも
特定の範囲の人だけとてつもなく共感できるメッセージのほうが良いです。

共感できる度合いが大きいほうが感情を動かしやすいためです。

具体的な人をイメージする

当然ですがターゲットが明確なほうが
その範囲の人が共感するメッセージが思い浮かびやすくなります。

また、漠然とイメージするのではなく
具体的な人をイメージしたほうが良いです。

たとえば、サラリーマンをターゲットにしている場合、

漠然とサラリーマンをイメージするのではなく

あなたの席の隣の同僚だったり上司など

より具体的にイメージしてみてください。

あなたの隣の席の同僚だったらどう思っていそうか、
どのような言葉なら反応してもらえそうか
イメージしやすくなりませんか?

そもそも何かを売るのは
こちらが売りたいから売るのではなくて
買い手が抱えている問題を解決するために売るわけです。

そのため、買い手が抱えている問題は何かを理解している必要があります。

買い手が抱えている問題というのも
買い手が問題を抱えていることに気づいていないことがあります。

だからこそ、買い手の問題は何かを売り手が理解し、
メッセージを配信していく必要があるのです。

買い手の問題を理解するには
具体的な人をイメージすればその人が抱えていそうな問題が何かしら出てきませんか?

例えば、
いつも帰るのが遅くて家族に怒られていそう
その割りに給料も上がらないのでモチベーションが下がっていそう
等々。

そういった場合にどのようなメッセージを投げれば心に響くかがポイントです。

ターゲットの選び方

ターゲットの選びかたは
先付けでも後付でもよいです。

売りたい商品が決まっているなら
その商品に合わせる形でターゲットを絞る形で問題ありません。

商品を選ぶ
  ↓
ターゲットを絞る
(商品が欲しそうな人をイメージしてみる)

という流れですね。

商品が決まっていないのであれば
先にターゲットを決める形も良いでしょう。

ターゲットを絞る
  ↓
商品を選ぶ
(イメージした人が欲しがりそうな商品にする)

という流れです。

どちらの方法にせよ
あなたが具体的な人をイメージしやすい範囲をターゲットにすべきです。

    

閲覧注意:ステップバイステップ型無料メール講座

より実践的な内容をステップバイステップで効率的に 最短ルートで学びたいのであれば無料メール講座の受講を強くお勧めします。

アフィリエイトの仕組みを学びながら
今日から報酬が発生するテキストを無料で手に入れることができます。

私自身、情報商材には300万円以上投資しており
有名起業家とのコネクションもあるため
一般には出回らない過激な情報を多数持ってしまっています。

そうした一般公開不可能な過激情報はブログでは公開できませんので
メール講座でこっそり配信しています。

これまでのあなたの常識を覆してしまうかもしれないので
閲覧は十分に注意してください。

無料メール講座はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

報酬実績

開始二ヶ月目にして10万円突破しました!

2014年10月 こそっと開始
2014年11月 10万円突破
(100,451円)
2014年12月 25万円突破
(256,011円)
2017年現在 80万円以上/月の安定収入継続中

運営:小泉優太


23時以降の帰宅は当たり前。

ほぼ毎日終電で帰り、
時には徹夜し、休日出勤する
サラリーマンでありながら
ネットビジネスコンサルタントでもある。

働き続けると
心と体を壊しそうなので
いざというときに備えようという理由から
ネットビジネスをスタート。

クライアントが抱える問題が何かを
徹底的に追求する正攻法に
コピーライティングの要素を
取り入れていくことで
開始2ヶ月目にして
十万円を突破。

月十万円は安定して稼げるようになり
報酬は今も伸び続けている。

クライアントの問題解決をすると共に
今や会社や国に依存しない
生き方を実現しつつある。

詳しいプロフィール

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

アーカイブ

このページの先頭へ