使えない?アルゴリズム全知能記事作成ツール「KIJII改」 (クリアイズム有限会社) レビュー

小泉です。

記事が自動作成できるツールがあるとのことでレビューしていきます。

今回はこちらです。

「KIJII改」【24分割対応】アルゴリズム全知能記事作成ツール「KIJII改」記事生成ツール

http://clearism.jp/infotop/up_kijii/

販売者情報

販売業者:クリアイズム有限会社
販売責任者:片桐 健
所在地:東京都新宿区西新宿7-16-13末広ビル304
TEL:03-3369-5872
メールアドレス:info@seoken.net
ホームページ:http://clearism.jp/infotop/up_kijii/index.html

アルゴリズム全知能記事作成ツール「KIJII改」 レビュー

この手の記事の自動作成というのは

「何か記事を書かなきゃいけないのはわかっているけど書けない」

というアフィリエイターの悩みを解決するためのものといえます。

結論から言うと、
そのような悩みは解決されません。

が、使い道は必ずしもゼロとは言い切れません。

確かにこのツールで記事はできますが、
本来記事を書くことによって生み出す必要があるのは
読み手に取って価値のあると思えるものであることです。

私自身、仕事柄プログラムを書いていますのでツールでできること
できないことはよくわかりますが、
ツールで作られた記事など所詮は機械が作ったものでしかないというものです。

確かに、何も知識のないジャンルの記事に関しては
最初は中々良いものが書けないかもしれません。

しかし、あなたが書いたものではなくなってしまうので
独自性もなければ、文章に自然さも感じられないでしょう。

そんな記事を読みたいですかという話です。

また、内容が被ったらSEO的にアウトです。

ツールである以上、人が書いたように自然な文章にすることはできません。

現状のgoogleの検索アルゴリズムには対応できているのかもしれませんが、
検索サイトはそういったツールで生成されたような文章は
嫌う傾向にあるのでゆくゆくは飛ばされる可能性があります。

これら踏まえて使う価値があるのかどうか疑問です。

唯一使い道を見つけるとしたら、
記事は見せかけで良くて、
googleで検索されなくてもよい
という場合くらいではないでしょうか。

具体的な利用場面としては
ASPの審査を通すためのサイト作成であったり、
PPCで出稿するランキングサイトなどでしょうか。

非常に利用場面は限定されます。

リライトすれば利用場面が増えるのでは?

と思うかもしれませんが、
それをするのならツールの利用価値は本当にあるのでしょうか。

私は利用できそうな場面を思い当りませんでしたが、
良き利用場面が思いついた方には有益なツールかもしれません。

    

閲覧注意:ステップバイステップ型無料メール講座

より実践的な内容をステップバイステップで効率的に 最短ルートで学びたいのであれば無料メール講座の受講を強くお勧めします。

アフィリエイトの仕組みを学びながら
今日から報酬が発生するテキストを無料で手に入れることができます。

私自身、情報商材には300万円以上投資しており
有名起業家とのコネクションもあるため
一般には出回らない過激な情報を多数持ってしまっています。

そうした一般公開不可能な過激情報はブログでは公開できませんので
メール講座でこっそり配信しています。

これまでのあなたの常識を覆してしまうかもしれないので
閲覧は十分に注意してください。

無料メール講座はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

報酬実績

開始二ヶ月目にして10万円突破しました!

2014年10月 こそっと開始
2014年11月 10万円突破
(100,451円)
2014年12月 25万円突破
(256,011円)
2017年現在 80万円以上/月の安定収入継続中

運営:小泉優太


23時以降の帰宅は当たり前。

ほぼ毎日終電で帰り、
時には徹夜し、休日出勤する
サラリーマンでありながら
ネットビジネスコンサルタントでもある。

働き続けると
心と体を壊しそうなので
いざというときに備えようという理由から
ネットビジネスをスタート。

クライアントが抱える問題が何かを
徹底的に追求する正攻法に
コピーライティングの要素を
取り入れていくことで
開始2ヶ月目にして
十万円を突破。

月十万円は安定して稼げるようになり
報酬は今も伸び続けている。

クライアントの問題解決をすると共に
今や会社や国に依存しない
生き方を実現しつつある。

詳しいプロフィール

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

アーカイブ

このページの先頭へ